勤怠管理は自己申告でも大丈夫?

社員の勤怠を管理する方法はいくつも存在します。本人が出勤時に自分で作業をタイムレコーダー方式や、社員がそれぞれ自分で管理するネットワーク方式があるのです。タイムレコーダーはこれまでの日本ではとても…

タイムレコーダーは国の法律に従った簡便・確実な勤怠管理!

雇用者には必ず労働者に賃金を支払う義務が生じます。しかし、それはきちんと労働時間に見合った金額ですか?例えば、時給1000円のアルバイトで8時間15分働いた場合、8000円は確実に支払われるのは想…

あなたの会社はまだ紙利用のタイムレコーダー?デジタル時代なのにどうして?

会社の管理システムの中でも、勤怠管理方法は会社によってそれぞれ異なります。従来のタイムレコーダー方式を活用している会社もあれば、最新のネットワークシステムを導入している会社もあるのです。それぞれの…

ICカードを利用した勤怠管理は便利ですよ!

出勤して、タイムカードをガチャン。そんな昔ながらの勤怠管理をいまだに使用している会社も多く存在しています。タイムカードや規定の用紙に出勤、退勤時間を書き込む、といったアナログな勤怠管理をしている場…

タイムレコーダーをクラウドで結び、管理業務の効率化を!

タイムレコーダーは、単体で活用をしてもあまり意味はありません。単体で運用をすると、いちいちカードを人力で集計して、パソコンにデータを流し込まなければなりません。その労力は生半可なものではない…

タイムレコーダーの利用目的

タイムレコーダーは、従業員の勤怠管理のために役立つ製品として各企業で導入が進んでおり、勤務時間を厳密に計測するうえで大きなメリットがあります。