ICカードを利用した勤怠管理は便利ですよ!

意外と手間がかかる「勤怠管理」

出勤して、タイムカードをガチャン。そんな昔ながらの勤怠管理をいまだに使用している会社も多く存在しています。
タイムカードや規定の用紙に出勤、退勤時間を書き込む、といったアナログな勤怠管理をしている場合、締め日の給与計算がとても大変なケースが…。一人一人の勤務時間をエクセルに打ち込んで、さらに有給や遅刻、直行直帰などを細かく入力して、勤務時間を計算し、そこから残業時間を算出して…と膨大な時間を使って計算することになります。この作業に嫌気がさしている総務の方も多いのではないでしょうか。
さらに、一般社員にとっても毎日にタイムカードを押したり、自分の出勤退勤時間を記入したりととても手間のかかる作業が発生してしまっています

勤怠管理の効率化は人件費削減に繋がる

そこでそんなアナログ管理の会社にぜひ取り入れてほしいのが、スイカやパスモなどの「ICカード」を使った勤怠管理システム。
出勤、退勤時にICカードをかざして読み取るだけで、勤怠管理ができるシステムです。勤怠記録はクラウド使用でデータとして蓄積され、締め日にはその全データを申請し、ワンクリックでエクセル変換できるので集計も手軽。ICカードならではの機能で、システムによっては交通機関の使用履歴も管理できるので、交通費精算なども同時にこなすことができます。膨大な数の勤怠データ管理が一括で行えるので、業務効率化に繋がり、人件費削減にも繋がるというわけです。
また、ICカード読み取りであれば不正もしにくく、就業規則に則った管理がしやすくなるメリットもあります。これからの時代に合った勤怠管理方法と言えるのではないでしょうか。