勤怠管理は自己申告でも大丈夫?

自己申告制の勤怠管理法とは

社員の勤怠を管理する方法はいくつも存在します。本人が出勤時に自分で作業をタイムレコーダー方式や、社員がそれぞれ自分で管理するネットワーク方式があるのです。
タイムレコーダーはこれまでの日本ではとてもメジャーなやり方で、小さな会社でも導入されています。一方、後者のシステムは大企業で多く導入されているシステムです。自己管理システムは、社内PCからネットワークに接続し、毎日の勤怠時間を登録します。したがって、当日でなくても、まとめて記入できるなどの便利な機能が満載です。
このシステムは企業ごとに異なりますが、基本的な機能は同じです。自社の管理システムを利用する企業もあれば、外部のシステムを取り入れる場合もあります。

自己管理システムの利点と注意点

自己管理システムを導入した場合、出勤時の混雑を解消することができます。例えばタイムレコーダーの場合、大人数の社員が一斉に出勤した時に順番待ちが起こる可能性もあるのです。したがって、大企業のように社員数が多い場合は、自己管理システムを導入した方が利便性が高くなります。社員自身が管理できるので、残業時間や勤怠の状況を簡単に把握することが可能です。
ただし、虚偽の申告をしないように教育する必要があります。自己管理システムは、すべてを本人に任せることになり、虚偽申告をしないことが前提のシステムです。
このように、勤怠管理の方法は企業の大きさや就業体勢によって選択すると効果的です。自己申告制を選択する場合は、信頼できるシステムを導入し、社員一人一人にしっかりと教育しましょう。