あなたの会社はまだ紙利用のタイムレコーダー?デジタル時代なのにどうして?

各種勤怠管理方法とそのメリット

会社の管理システムの中でも、勤怠管理方法は会社によってそれぞれ異なります。従来のタイムレコーダー方式を活用している会社もあれば、最新のネットワークシステムを導入している会社もあるのです。
それぞれの方法に独自の利点があります。例えば、タイムレコーダーの場合は、嘘の申告ができないため、不正を起こさないという意味で効果的です。またシステムの管理が簡単なので、維持もかなり楽な方法といえます。
一方で勤怠管理システムを導入し、社員が自分で管理する方式の場合は、社員自身の管理能力がアップします。月々の残業時間を把握し、自分の勤怠状況を詳細にリアルタイムでチェックすることが可能です。また、タイムレコーダーのように作業場所を固定する必要がありません。

勤怠管理ソフトで管理する方法

勤怠管理ソフトを導入した場合、便利ポイントや注意ポイントがあります。まずこの方法を運営する場合は、ネットワークサーバーのメンテナンスが必要になるケースもあるため、アナログ方式よりも運営が簡単になるとは一概にいえません。
しかし、出勤や退社の記録だけでなく、各プロジェクトにかけた詳細な時間配分なども記録できます。したがって、人事部や総務部がマンパワーを管理する際にはとても利便性が高い方法です。大企業ではとても役立つシステムといえます。
このように、勤怠管理ソフトを使用することで、管理の便利さが大幅にアップします。管理側だけでなく、社員の観点でも多くのメリットがあるのです。また、タイムレコーダー方式も独自のメリットがあるので、それぞれのメリットをよく考えて選びましょう